脱毛サロンの豆知識

始める前に知っておきたい脱毛サロンの豆知識

脱毛に生理はNG!キャンセルの方法は? 脱毛に生理はNG!キャンセルの方法は? はコメントを受け付けていません。

多くのサロンで行われている光脱毛の方法だと、皮膚に負担が少なく痛みもないので、身体の部位によっては生理の日でも施術を受けることができます。例外となるのは、アンダーヘアの処理をするときです。デリケートなゾーンのお手入れは、生理の時にはできません。VIOライン、つまりビキニラインのV、陰部周辺のI、お尻の穴周りのOのお手入れをする場合や、アンダーヘアのすべてを除去してしまうハイジニーナをする場合は、毛周期と生理のタイミングを考慮して予約を取る必要があります。
ただし、生理不順などが理由で、予定していた時に必ずしも出血があるわけではありません。もし、サロンと約束をしていた日と生理がかぶってしまったら、キャンセルをして、また新たに予約を取る必要があります。
オンラインでスケジュール調整ができる大手サロンの場合、24時間以上前の場合は、ネットで予約解除できるのが一般的ですが、直前の場合や、小さなプライベートサロンの場合は、直接電話するのがエチケットです。やむをえない場合を除いて、土壇場でキャンセルするのは避けたほうがいいでしょう。もちろん、キャンセルの連絡を入れずに約束破りをするのはもってのほかです。

もし自己処理でトラブルが起きたら もし自己処理でトラブルが起きたら はコメントを受け付けていません。

脱毛サロンに行く時は、前日までに脱毛する部位の自己処理をしていくことがルールとなっているお店が多いでしょう。きちんと処理ができていないと脱毛を断られることもあるので、注意しなくてはいけないポイントです。脱毛サロンはクリニックと違い医者がいないので、肌トラブルが少しでもある場合は脱毛をしないという対処法をすすめてくると思われます。悪意があるわけではなく、お客様のためにそうしているので、理解することが大切です。自己処理だけではなかなかキレイに剃りきれない部分もあると思われます。しかし剃り残しをスタッフが手伝ってくれる場合もあります。無闇に雑に自己処理をしてしまうと肌トラブルにも繋がるので気をつけましょう。特に脱毛のはじめたばかりの頃は、からだの毛量も多いため、自己処理が大変になると思われますが、ていねいにケアしてあげることを忘れてはいけません。普段使用している電気シェーバーやカミソリも、清潔な状態を保つようにしましょう。肌を剃ったあとは、皮膚も乾燥しやすい状態に晒されているので、保湿をきちんとしておきましょう。スムーズに脱毛をすすめるためには、ご自身の美肌への意識の高さも必要になってきます。

予約が取りやすい日は? 予約が取りやすい日は? はコメントを受け付けていません。

脱毛サロンで脱毛をする場合、予約を取りながら、施術を進めていく事になります。
人気のある脱毛サロンの場合、土曜や日曜、そして祝日等、通いやすい日から予約が一気に埋まっていく事になります。
予約が上手く取れなければ、施術も上手く進んでいかない事になります。
ですから、人気のある脱毛サロンで脱毛をする場合、土曜や日曜、祝日等、予約が集中する日だけでなく、比較的予約が取りやすい平日も視野に入れておく事がお勧めです。
更に、予約をする曜日だけでなく、タイミングも重要になってくる事が少なくありません。
先の予定が分からない人は、予定が分かってから予約を取りたいと考える事も少なくありませんが、施術が終わった段階で、次の予約を取るようにしておく事がお勧めです。
サロンの中には、決まった日の決まった時間に一斉に予約受付を開始するというスタイルを取っているところもあります。
その場合、予約開始のタイミングを逃さないようにする事も大切です。
脱毛サロンで、施術を受ける為には、予約を取る必要があります。
人気のあるサロンの場合、土日等、休みの日は予約がすぐに埋まりやすくなる為、平日の施術も視野に入れておくようにする事がお勧めです。

予約の手続きの流れ 予約の手続きの流れ はコメントを受け付けていません。

初めて脱毛サロンの予約を入れるときの流れについて説明します。
脱毛サロンでは、実際の施術の前に、必ずカウンセリングを行います。カウンセリングでは、スタッフから、そのサロンが採用している脱毛方法や、契約するプランについての説明が行われます。そして内容に納得できたら、契約ということになります。このため、初回の予約は、カウンセリングのための予約ということになります。カウンセリングは、1~2時間程度の時間がかかることがほとんどですので、初回の予約は、時間に余裕のある日を選んだほうがよいでしょう。
カウンセリングの予約をとるときは、まず脱毛サロンに営業時間内に電話をして、希望の日時を伝えます。希望の日が近いと、すでに予約が埋まっていることもありますので、希望日時はいくつか候補を用意しておくのが望ましいといえます。
またカウンセリングの予約を入れるときには、こちらからしておいたほうがよい確認事項がいくつかあります。
例えば、サロンによっては、初回のカウンセリングで、お試しの施術をしたり、毛量等の確認のために施術室に入ることがあります。そういったサロンでは、どのような服装で行くのが望ましいかということを確認しておきましょう。また、ほとんどくのサロンでは契約後にすぐに支払い、ということになります。現金で支払う予定の場合は、持っていく金額の目安、カード払いやローンを組む予定にしている場合は、そういった支払方法が可能かどうかの確認をしておいたほうがよいでしょう。

クーリングオフ制度でトラブル回避 クーリングオフ制度でトラブル回避 はコメントを受け付けていません。

エステに通い始めるパターンで最も多いのは、格安のお試しコースを利用した後で、店員からほぼ自動的に進められるパターンです。お試しコースは本当に格安ですので、数千円程度でしっかり施術が受けられ、その間はとても気持ちがいいですし、それなりに効果を実感したりした場合、つい、回数の多い高額の契約をしてしまうことがあり得ます。また、ノルマがあるのか店員は身体をかけて「はい」と言うまで話を続けるので、なかなかその場で断りにくいというの実情です。
本当に納得して契約をした場合は別として、家に帰ってから「やっぱりやめておけばよかったな」と思うことは良くあることと思われます。そんなときは、一度、契約書をじっくりと読んでみましょう。たいていの場合、「クーリングオフ制度」の説明がなされており、その期限内であれば、特に先方に問題がなくても解約が可能な仕組みになっています。期限内のクーリングオフの申し入れに対しては、一方的な書面による通知で解約の効力が発生しますので、万が一、先方が解約に応じなくても大丈夫です。たいていの場合、クーリングオフを申し出れば、企業はあまり無理強いをせずに電話等でも確実に対応してくれます。

返事は後日!一度冷静になって考えよう 返事は後日!一度冷静になって考えよう はコメントを受け付けていません。

サロンで無料カウンセリングを受ける場合、施術が終了してから契約を勧められる事が有ります。
実際に施術してもらって良いと思った場合は、そのまま契約する人も少なくありません。
ただ初めて施術を受けた時は、気持ちが高揚している事も有り、その場合は正しく判断できない事も有ります。
その為、その場で決断して返事をしてしまうと、後日やっぱりやめたいと思う場合も出て来ます。

従って、実際に無料カウンセリングなどを受けた場合も、返事はその場ではなくて後日にする様にしましょう。
その場で契約しなければ返してもらえないという事はありません。
サロンのスタッフに色々と言われても、後日しっかりと返事をすると言って、当日即決する事だけはやめましょう。
自宅に戻ってから一度冷静になって考えてみると、本当にそのサロンで契約する必要があるかが分かって来ます。

契約するかどうかを決める時は、いくつかのポイントで考えてみます。
まずは施術内容と費用の関係、そしてもう一つはサロン自体が清潔だったかという事です。
勧誘の時の態度なども良く思い出して考えてみると、そのサロンで契約するかどうかを決めやすくなるでしょう。
こうして当日は返事をしないようにすれば、サロンの契約での失敗もかなり減ります。

ヒアリングでは何を聞かれるの? ヒアリングでは何を聞かれるの? はコメントを受け付けていません。

エステをする際は、通常最初にヒアリングが行われます。
お客様が抱えている不安を払拭することや、お客様が悩んでいることをエステをすることでどのように改善していくかを考える為です。
エステティシャンは、ヒアリングでエステをすることでどのような効果を求めているのかを伺います。
お客様が選んでいるプランが、求めている効果を発揮するのかを確認する為です。
お客様が思っていたことと違うとなると、トラブルにもなりかねないからです。
そして、アレルギーなどの体質や妊娠をしているかなども伺います。
エステをしたことで、肌が荒れるなどのトラブルがないように細心の注意をしているからです。
そして、不安に思っている事も伺います。
不安に思っていることを払拭してもらうことで、よりお客様の要望を聞き取ることが出来ます。
エステティシャンは、お客様からヒアリングすることで、お客様の事を理解しようと努めます。
出来るだけお客様が求めている理想に近づけていきたいからです。
聞かれることは、デリケートな話もあるかもしれません。
しかし、改善することが目的なので、お客様が選んでいるプランが最適なのかを確認する為です。
このようにエステティシャンは様々なことをヒアリングしますが、それはお客様が求めていることに対しての確認作業なのです。

自己脱毛についても知っておこう! 自己脱毛についても知っておこう! はコメントを受け付けていません。

気になるムダ毛を自己脱毛している方は多いのですが、正しい知識を持って脱毛を行わないと、肌に黒ずみができたり毛穴が盛り上がりボツボツが目立つ汚い肌になってしまいます。
カミソリを使って脱毛をする時は、カミソリの刃が肌の表面を薄く削り取って傷を付けてしますので、雑菌が侵入しないように衛生面での注意が必要です。菌が入り炎症を起こすと、肌がこわごわになったり色素沈着を起こして肌が黒ずんだりします。ですので、なるべく電気シェーバーを使い、肌を保護するためにシェービングフォームを塗って剃るようにしましょう。また、毛抜きを使うと炎症を起こしブツブツになったり、埋もれ毛の原因になるのでやめておいた方が良いでしょう。
除毛クリームを使っての自己脱毛は、毛を溶かす成分が配合されているので、刺激がたいへん強いため肌の弱い方は使用を控えておいた方が安全です。
自己脱毛後は、非常に肌が乾燥しやすくなっていますので、ローションなどでしっかりと保湿をし、肌を日に焼かないようにUVケアをこころがけることが大切です。
手軽にできる自己脱毛ですが、脱毛が完了した後の肌が荒れて汚くなってしまうリスクがあるので、消毒やスキンケアをして清潔な環境下で行うようにしましょう。